食事制限と有酸素運動の両立は腹持ちが決め手!

ダイエットを成功させる秘訣はずばりは食事制限と運動です。それにプラスアルファとして腹持ちが決め手です。

食事制限だけで痩せるのは一時的で体が省エネルギー体質になって、すぐに戻ってしまいます。また、腹持ちが悪い食品は空腹ストレスも増大します。

この2つを両立して痩せる体に変化させましょう。食事制限は炭水化物をできるだけ抑え、食物繊維の多い食材を摂取しましょう。

例えばごはんやパン、パスタなどの摂取を抑えることです。

代わりに千切りしたキャベツやもやしなどの料理を食べるようにしたいところです。

食物繊維が多い食品などで置き換えると、GI値が低いことから血糖値があがりにくくなり、空腹ストレスを抑えやすくなります。

腹持ち効果を上げるためには、GI値の低い食品で置き換え、血糖値を急激に上げないことがポイントです。

引用 腹持ちのいい置き換えダイエット食品比較ランキング | 満腹感で選ぶ

また、食べる前に炭酸水を飲んで食欲を抑えることも効果的です。

そして運動はできるだけ毎日ランニングやウォーキングをしましょう。

付加のかかる筋肉トレーニングは長続きしないことが多いので、ランニング中心の方が続けられる可能性がまだ高いです。

初めは慣れさせるためにゆっくり歩くだけで十分です。呼吸が苦しくない程度で歩き続けましょう。有酸素運動は20分以上することが重要です。

そして筋肉痛が出にくくなったら、徐々にランニングに切り替え、できるだけ長い時間同じペースで走りましょう。

それでも短期間では体重はなかなか落ちません。むしろ体がその生活に慣れてくるので、少しずつ落ちにくくなります。

一年かけて毎月1kg減らすくらいのつもりで頑張りましょう。

出典 置き換えダイエットラボ | おすすめ人気食品の口コミランキング