食事制限と有酸素運動の両立は腹持ちが決め手!

ダイエットを成功させる秘訣はずばりは食事制限と運動です。それにプラスアルファとして腹持ちが決め手です。

食事制限だけで痩せるのは一時的で体が省エネルギー体質になって、すぐに戻ってしまいます。また、腹持ちが悪い食品は空腹ストレスも増大します。

この2つを両立して痩せる体に変化させましょう。食事制限は炭水化物をできるだけ抑え、食物繊維の多い食材を摂取しましょう。

例えばごはんやパン、パスタなどの摂取を抑えることです。

代わりに千切りしたキャベツやもやしなどの料理を食べるようにしたいところです。

食物繊維が多い食品などで置き換えると、GI値が低いことから血糖値があがりにくくなり、空腹ストレスを抑えやすくなります。

腹持ち効果を上げるためには、GI値の低い食品で置き換え、血糖値を急激に上げないことがポイントです。

引用 腹持ちのいい置き換えダイエット食品比較ランキング | 満腹感で選ぶ

また、食べる前に炭酸水を飲んで食欲を抑えることも効果的です。

そして運動はできるだけ毎日ランニングやウォーキングをしましょう。

付加のかかる筋肉トレーニングは長続きしないことが多いので、ランニング中心の方が続けられる可能性がまだ高いです。

初めは慣れさせるためにゆっくり歩くだけで十分です。呼吸が苦しくない程度で歩き続けましょう。有酸素運動は20分以上することが重要です。

そして筋肉痛が出にくくなったら、徐々にランニングに切り替え、できるだけ長い時間同じペースで走りましょう。

それでも短期間では体重はなかなか落ちません。むしろ体がその生活に慣れてくるので、少しずつ落ちにくくなります。

一年かけて毎月1kg減らすくらいのつもりで頑張りましょう。

出典 置き換えダイエットラボ | おすすめ人気食品の口コミランキング

炭水化物を気まぐれに抜いてダイエットしてます

痩せるならきれいに痩せたいので、ダイエットは何でもいいなんていい加減なことは考えていません。

どうせダイエットをするのならきれいに痩せなくては苦労した分だけ損してしまいます。

ダイエットには苦労がつきものだといいますが、あまりにも苦しいダイエットはどれだけ話題性があってもわたしは見向きもしません。

辛すぎるダイエットは長く続かないから、できたとしても初めだけです。

何度も何度もダイエットに失敗していると、せっかく頑張ったダイエットが仇になって逆に太りやすくなりますが、そういうことも辛いダイエットには起こりがちなのです。

だから無理そうなダイエットはあえて避けています。

最近わたしが気まぐれに行っているダイエットは、夕飯に炭水化物を食べないダイエットです。

これは無理な時にはやめられるダイエットなので、全く辛さを感じることがないわたしに合ったダイエット法です。炭水化物が食べたいときには食べていますが、お茶碗に軽く1杯だけと決めて食べています。

たったこれだけを気を付けるだけでもダイエットになるのでこれからもボチボチ続けている予定です。

サプリメントの摂取でダイエットをする

サプリメントを摂取してダイエットをする場合には、αリポ酸やフォースコリー、ファビノールやカルニチンなどが含まれているサプリメントが非常に人気です。

αリポ酸には、糖質をエネルギーに変換する役割があり、歳と共に減少してしまいますのでサプリメントによって補うことで、代謝をあげることができるのです。

フォースコリーは、コレウスフォルスコリと呼ばれる植物の成分が配合されており、脂肪の燃焼や代謝アップをすることができます。

ファビノールには白インゲン豆に多く含まれていて脂肪になる糖質を抑える働きがあります。カルニチンはアミノ酸の一種で、脂肪エネルギーを燃やす手助けをするとされています。

他にもバリン、ロイシン、イソロイシンなどのアミノ酸は、たんぱく質が脂肪に変わるのを抑えますし、発酵バガスとよばれるサトウキビが主成分とされた成分には食物繊維により、宿便を排出する働きがあります。

サプリメントには、たくさんの種類がありますし、自分に効果が出るかどうかは、摂取してみないとわかりません。

1か月以上継続して摂取することで、自分の体重や体系がどのように変化をするのか、変化がないのかを見極めることが大切です。

たくさんのサプリメントが出ていますが輸入品よりも、できるだけ日本製や、有名である会社のサプリメントを利用することが大切です。

輸入品の場合、品質が安全であるかどうかの保証がされませんので、購入する場合には注意しましょう。

体質に合わないサプリメントはすぐに使用を中止しましょう。